中央労働災害防止協会
会員タウンのご紹介

本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

  • KYTイラストシート
  • 安全衛生ビデオ
  • 月刊誌バックナンバー
  • 労働災害統計
  • ワンポイントアドバイス
  • 4コママンガ
  • イラスト集
  • 海外安全衛生トピックス
  • ISO45001
  • 法令改正等の最新情報
  • web相談窓口
  1. ホーム > 
  2. ISO45001開発情報

弁護士による安全衛生ワンポイントアドバイス

2013年、労働安全衛生マネジメントシステム(以下OSHMS)のISO規格化が加盟国により承認され、現在その開発作業が行われています。中災防は、好評を得ている「JISHA方式適格OSHMS認定」を継続して強力に実施するとともに、ISO45001の認証機関となる準備も進めています。

中災防ではISOプロジェクト委員会に日本代表エキスパートとして参加し、国内審議委員会にも委員として参画しており、最新の情報を皆様にお届けします。


名称

ISO45001(OHSMS)

メンバーによる投票の結果、「OHSMS」17票、「OSHMS」13票、棄権7票で、OHSMSという表記が採用される。

ISO規格化の背景(過去の経緯から承認まで)

詳細は会員タウンでご覧いただけます

発行予定

2016年9月

開発委員会(ISO/PC283)

Pメンバー45カ国、Oメンバー15カ国、リエゾン12機関より構成

Pメンバー:票決事項への投票義務や会議に貢献する義務を負う
Oメンバー:コメントの提出と会議出席の権利を有するが、投票権は無い
リエゾン:非営利機関が対象。A~Dのカテゴリーがあり、それぞれ役割が異なる

日本はPメンバーとしてISO45001の作成に協力しています。ISO/PC283に参加できるのは1カ国から3名までに限定されており、Pメンバーとしての日本代表エキスパートは株式会社テクノファ、一般財団法人日本規格協会、中災防です。 なお、OHSAS18001がそのままISO化されるわけではなく、作業原案(WD)ではOHSAS18001との違いも多く見受けられます。

国内審議委員会の役割とメンバー

詳細は会員タウンでご覧いただけます

ISO45001はこのように作成されています。

詳細は会員タウンでご覧いただけます

第1回ロンドン会議(2013年10月21日~25日)

議長や国際幹事の選出、作業グループの設置、作業原案(WD)の作成等が行われました。

第2回カサブランカ会議(2014年3月31日~4月4日)

主に委員会原案(CD)が作成されました。しかし、CDとすることに反対意見が多く、メンバー各国の投票により決めることとなりました。 CDとして認められた場合は、2014年8月からISO/PC283メンバー各国からコメントを募集することになります。否決された場合は、6週間後に再度会議を開催することになります。

会議詳細はこちらをご覧ください。

ISO45001最新ドラフト版回付

第2回カサブランカ会議の結果を踏まえた最新のドラフト版が7月1日にメンバーに回付されました。
同時に、このドラフト版を委員会原案(CD)に進めるか否かについて、7月15日までに投票するよう中災防に依頼がありました。

ISO45001のドラフトが委員会原案(CD)になりました

7月17日に投票結果がISO事務局より公表され、賛成50、反対12、棄権3、無回答20でドラフトがCDとなることが決定しました。
今後は7月18日から10月18日の3ヵ月間メンバー各国からコメントを募集し、12月3~8日に第3回会議がルワンダ共和国の首都キガリで開催される予定です。またルワンダ会議で日本の意見を反映させるため、第4回国内審議委員会が10月14日に開催される予定です。

第3回ルワンダ会議

アフリカにおけるエボラ出血熱の流行を踏まえ、ルワンダ共和国が会議の主催を辞退しました(10月2日)。現在、ISO事務局では代替開催国の候補を求めています。

国内ワーキンググループ

9月~10月に国内ワーキンググループが5回開催され、第4回国内審議委員会で検討するコメント案を作成しました。

日本のコメントを提出

10月14日に第4回国内審議委員会が開催され、ISO45001の委員会原案(CD)に対する日本の意見をまとめました。
本委員会でまとめた意見を122コメント、ISO/PC283への公式見解として10月17日にISO/PC283 へ提出しました。

国際規格原案(DIS)は承認されず

委員会原案(CD)を国際規格原案(DIS)に進める件について、メンバー国の投票の結果、賛成29、反対17、棄権1となり、賛成票が2/3に達しなかったため否決されました。現在のCDはDISとならず、CD2として議論が進められます。

ISOの発行手順


ISO 45001

会員・賛助会員入会のご案内

ご意見・ご要望

ページの先頭へ戻る

〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館 電話03-3452-6049(教育推進部)

Copyright © JISHA All Rights Reserved.